宮城・山形・秋田を横断する2泊3日の旅(2)

おでかけNo.3南東北

2017.06.13

宮城・山形・秋田を横断する
2泊3日の旅(2)

例えば、仙台港ICを出発し、すべて高速道路で移動して仙台宮城ICに戻ってくる場合など2017東北観光フリーパス(東北6県周遊プラン・3日間)を使えば、お得に周遊できます。
※ご利用方法によっては「2017東北観光フリーパス」の価格が割高となる場合があるので、あらかじめご確認のうえご走行ください。三連休は特にご注意ください。

50種類以上のクラゲを展示する「鶴岡市立加茂水族館」は、世界一のクラゲ水族館。ゆったり浮遊するクラゲの姿に癒やされること間違いなしです。ランチは「さかた海鮮市場」へ。2階にある鮮魚店直営の食事処で、海の幸を堪能しましょう。お腹を満たしたら「にかほっと」へ。旅の疲れを癒やすのに最適なスポット。フードコートや直売所もあるので、おやつタイムに地元の旬を味わって。

「TDK歴史みらい館」で電子機器の進化の歴史や未知のテクノロジーを体験した後は、この日の宿「男鹿温泉」へ。日本海のパノラマが広がる温泉宿で、くつろぎの時間を過ごしましょう。翌日は「男鹿水族館GAO」へ。4月に誕生したゴマフアザラシの赤ちゃんに会えるかも。ランチは、入道崎の「みさき会館」で名物の石焼き定食はいかが。初夏に旅するなら「雲昌寺のアジサイ」は必見です。

鶴岡市立加茂水族館(クラゲドリーム館)

7鶴岡市立加茂水族館(クラゲドリーム館)
体験

クラゲの生態解説やアシカショー、ウミネコとの交流など、心に残るステージと体験が満載の水族館。くらげ入り塩大福やくらげこんにゃくなど、レアなお土産品もおススメ。

山形自動車道 鶴岡ICから車で約15分
時間
9:00~17:00
※7月29日~8月20日は9:00~17:30、最終入館は閉館の30分前まで
料金
一般(高校生以上)1,000円、小・中学生500円、幼児(未就学児)無料
住所
山形県鶴岡市今泉字大久保657-1MAP
電話
0235-33-3036
WEB
http://kamo-kurage.jp/

さかた海鮮市場「海鮮どんや とびしま」

8さかた海鮮市場「海鮮どんや とびしま」
ランチ

鮮魚店直営だからできるリーズナブルなメニューが豊富にそろった「海鮮どんや とびしま」。日本海を眺めながら旬の料理を味わうことができます。1Fでは地元の新鮮な魚介類などを販売。

日本海東北自動車道 酒田ICから車で約15分
時間
1F 菅原鮮魚 8:00~18:00
2F 海鮮どんやとびしま 7:00~19:00(L.O.18:30)
住所
山形県酒田市船場町2-5-10MAP
電話
0234-23-5522(1F 菅原鮮魚)、
0234-26-6111(2F 海鮮どんやとびしま)
WEB
http://kaisen-ichiba.net/tobishima

にかほ市観光拠点センター「にかほっと」

9にかほ市観光拠点センター「にかほっと」
お土産

道の駅象潟「ねむの丘」に隣接し、直売所や食事処がそろった施設。秋田杉をふんだんに使った館内には、フードコートやキッズルーム、足湯なども完備しています。

日本海東北自動車道 酒田みなとICから車で約40分
日本海東北自動車道 象潟ICから車で約10分
時間
9:00~21:00 ※一部店舗は18:00まで
定休日
第3水曜日(7~8月は営業)
住所
秋田県にかほ市象潟町字大塩越36-1MAP
電話
0184-43-6608(にかほ市観光協会)
WEB
http://nikaho.p2.weblife.me/

TDK 歴史みらい館

10TDK 歴史みらい館
見る

電子機器の歴史やテクノロジーの未来を展示・紹介。世界で活躍中の「チームラボ」とコラボした体験型シアターでは、目で見ることができない磁性を、宇宙・地球・電子という3つのモードで体験できます。(入館無料)

日本海東北自動車道 酒田みなとICから車で約60分
日本海東北自動車道 仁賀保ICから車で約6分
時間
10:00~18:00
休館日
月曜日(祝日の場合は翌日)、館の定める日
住所
秋田県にかほ市平沢字画書面15MAP
電話
0184-35-6580
WEB
http://www.tdk.co.jp/museum/

男鹿温泉

11男鹿温泉
宿

日本海のダイナミックな風景と、男鹿の新鮮な魚介を堪能できる温泉郷。泉質はナトリウム塩化物泉で、保温効果が高く「熱の湯」ともいわれています。

秋田自動車道 昭和男鹿半島ICから車で約50分
住所
秋田県男鹿市北浦湯本MAP
電話
0185-33-3191(男鹿温泉郷協同組合)
WEB
http://e-ogaonsen.com/

男鹿水族館GAO

12男鹿水族館GAO
体験

400種、約1万点の生き物を展示する水族館。ホッキョクグマの豪太をはじめ男鹿の海大水槽や、秋田の川コーナー、ハタハタ博物館など、秋田ならではの展示もおススメ。

秋田自動車道 昭和男鹿半島ICから車で約60分
時間
9:00~17:00(最終入館16:30)※季節により異なる
休館日
1月末メンテナンスクローズ有り
料金
大人1,100円、小・中学生400円(幼児無料)
住所
秋田県男鹿市戸賀塩浜MAP
電話
0185-32-2221
WEB
http://www.gao-aqua.jp/

みさき会館

13みさき会館
ランチ

男鹿半島の最先端、入道崎に立つ食事処。大人気の「うに丼」(2,916円税込)や、男鹿名物「石焼定食」(2,700円税込)が堪能できます。ここから見る夕日は見事で、夕日を目的に訪れる人もいるほど。

秋田自動車道 昭和男鹿半島ICから車で約50分
時間
8:00~17:00
住所
秋田県男鹿市入道崎昆布浦2-1MAP
電話
0185-38-2141
WEB
http://www.geocities.jp/oga_misaki/

雲昌寺(うんしょうじ)のアジサイ

14雲昌寺(うんしょうじ)のアジサイ
見る

副住職が15年かけて育てたアジサイは、6月中旬から7月上旬が見頃。一面鮮やかな青色に染まり、まるで青のじゅうたんのようです。

秋田自動車道 昭和男鹿半島ICから車で約50分
拝観料金
無料
住所
秋田県男鹿市北浦北浦字北浦57MAP
電話
0185-24-4700(男鹿市観光協会)
WEB
https://www.oganavi.com/news/archives/2015/06/24120000.php

TOP

ページの先頭へ